DMM英会話の口コミ評判|レッスン内容・利用の流れ・注意点など

DMM英会話

英会話を始めてみたいけど、スクールに通う時間は取れないし、スクール代も気になる・・・。そんな人にオススメなのが「DMM英会話」です。

スマホやネット広告でもたびたび目にするので、英会話に興味がある人は一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

実際に体験した人のツイッターやブログなどを見ると、多くの人がDMM英会話を勧めています。こちらでは、DMM英会話の口コミや特徴、注意点などをご紹介したいと思います。

DMM英会話の口コミ


料金がとても安いこと。
1日1回のレッスンがカフェのコーヒー代程度の200円以下の料金で受けられる。
実際にスクールに通えば、オンライン英会話1カ月分の料金で1レッスンぐらいの金額になると思うと、この安さは驚異的。


24時間いつでも自分の都合の良いときに受講できる。
受講予約はパソコンやスマホから手軽に入れることができ、早朝日中深夜関係なくレッスン予約を入れることができるのであらゆる生活スタイルの生徒に対応。


質の高い講師陣。
安いほうのスタンダードプランでも英語を第二母国語とする世界中の講師のレッスンを受けることができる。
よほど専門的に英米英語をきっちり学ぶ必要がある人以外はスタンダードの講師レベルで必要十分。


簡単で見やすいWeb画面。パソコンからもスマホからも見られる専門のDMM英会話Webは操作が簡単で迷うことがない。
また、オンライン英会話Blogなど、付属のコンテンツも豊富。


オンラインで学ぶことを通じて世界中の先生とコミュニケーションを取ることができる。
英語での学びが自分自身の語学力を高めてくれるだけではなく、英語を通じた出会いや知らない世界を広げてくれる貴重な体験ができる。

DMM英会話の特徴とは?

DMM英会話では初回体験無料で2回のレッスンが受けられるので安心です。また、英会話講師歴のある日本人の先生のレッスンを受けた場合、進め方や困った点は日本語でどんどん聞くことができます。

DMM英会話を始めるにあたって必要なのは、パソコンもしくはスマートフォンでのSkype環境です。

すでにSkype登録をしている人はそれがそのまま使えますし、ない場合はSkypeの登録は必須になります。

最低限それさえあればレッスンは始められますが、実際のレッスンでは教材を見ながら進めることが多いので、スマホで受講する時にはレッスン教材をプリントアウトしておくことがオススメです。

DMM英会話と他のオンライン英会話の違いについて

レッスンで使う教材は、基本的にはオンライン上のものを使用するので、別に用意する必要はありません。

教材の内容は子供向けの単語レベルや簡単な会話文から、文法・発音、ニューストピックのディスカッションなど、レベル別に多岐にわたっています。

また、対応している先生であれば英検やTOEFL受験用の専門教材を選ぶこともできます。

実際受講している生徒さんも小学校就学前の子どもさんから、専門的に英語を使うレベルの人まで多岐にわたっているようで、あらゆるレベルの生徒さんに対応できるのもDMM英会話の魅力だと思います。

DMM英会話はどんな人にオススメ?

DMM英会話をオススメしたい人は、「英語を聞くこと・話すこと」に対する恐怖心を持っている方です。

最初のうちは先生からのSkypeが掛かってくることがドキドキで、何を話せばいいか準備して、緊張で会話が止まってしまうこともしょっちゅうだと思います。

しかし、だんだん慣れてくると、自分の耳が英語に慣れてくることに加え、話すことも自分なりの英語で表現することができるようになってきます。

簡単な自己紹介をしたり、その日のあいさつや出来事、ちょっとした世間話程度であれば進められるようになっている自分に驚くと思います。

DMM英会話にはどういうレッスン(機能)があるか?

レッスンは1回25分の形式で、先生と1対1のオンライン会話で行います。

先生は世界中各国の先生から自分で選ぶことができますが、受講レッスンの料金プランが「スタンダードプラン」と「プラスネイティブプラン」の2つにわかれています。

「スタンダードプラン」はいわゆる英語ネイティブの国以外の英語を第二母国語とする国の先生から受講することが可能です。第二母国語といっても、DMMが実施する厳しい条件をクリアした方しか先生になれないので、英語力は折り紙つきです。

実際にはフィリピンの先生が一番多く、次に多いのはセルビアと中欧諸国、あとはアフリカや中南米の先生などもいらっしゃいます。

訛りやイントネーションの違いなどで、ネイティブではない先生に教えてもらうことに抵抗がある方もいるかもしれませんが、そもそも英語は世界語でもあるので、その言葉に慣れていくこと自体が学習につながると思います。

「スタンダードプラン」より料金が高い「プラスネイティブプラン」では、スタンダードプランで受けられる先生に加えて、英語を母国語とする、アメリカ・イギリス・オーストラリア・南アフリカなどの先生のレッスンも受けることができます。

日本人講師のレッスンを受けたい方も、無料体験以降は「プラスネイティブプラン」を選ぶ必要があります。

DMM英会話でレッスンを受けるまでの流れ

レッスンを受講する前には、受講する先生を予約する必要があります。

予約にはウェブやスマホ上から行うことができて、最も前では8日前から、最短では開始の15分前までレッスン予約をすることが可能です。

ウェブ画面やスマホ上で受講したい時間帯や条件(先生の国や地域、性別・年齢、対応しているレッスンスキルなど)を入力することによって、そのレッスンの先生を選ぶことができます。

選択した先生の画面からはプロフィールや先生の紹介に加えて、動画で先生の自己紹介画面を見ることができるので、あらかじめなんとなく先生のイメージをつかんでおくことができます。

また、先生のプロフィール画面にはすでに受講した他の生徒の方の評価(5段階評価)や口コミも書き込まれているので参考になります。

やはり、評価が高く口コミのいい先生を選ぶのが安心ですが、受講していくうちに自分の相性もわかってきて、お気に入りの先生を見つけていくのも楽しいです。

実際だんだん受講を進めていくと、リピートする先生も見つけることができて仲良くなれるし、友達感覚でレッスンができるのはうれしいことです。

また日によっては表現や発音を厳しくチェックしてほしいから今日はこの先生にお願いしよう、というように選ぶこともできます。

DMM英会話の料金システムについて

気になるレッスン料金ですが「スタンダードプラン」は1日1レッスン受講できて月額5980円(1レッスン193円)、「プラスネイティブプラン」では同じく1日1レッスンのコースで月額15800円(1レッスン510円)です。

DMM英会話でもっとも魅力的なのがこの料金体系で、スタンダードプランなら1回のレッスンがカフェのコーヒー代よりも安いこと、これは驚異的な安さだと思います。

スタンダードプランの講師の方々の国はおそらく日本よりも物価水準が安いので、これでもペイするのだと想像しています。

DMM英会話を利用する際の注意点について

ここまでDMM英会話の魅力を書いてきましたが、少し注意すべき点もあります。レッスン受講の予約回数の消費システムが少しわかりにくいという点です。

宣伝文句では1日1レッスンと書いていますが、実際のシステムでは1日1レッスン予約の場合、予約でとっておけるのは最大1レッスンまでで、2レッスン以上の予約をあらかじめ入れておくことができません。

つまり、今持っている予約のレッスンが終わらない限り次のレッスンを予約することができない仕組みになっています。

したがって、人気のある先生を押さえたり、先の日のレッスンを取ってしまうと、それ以上の予約を入れることができないので、そこは注意が必要です。

それ以上のレッスンを随時受けようと思う場合には、1日2レッスン以上のプランにアップグレードするか、プラスレッスンチケット(1回500円)を別途買って、それを別のレッスンに当てる必要があります。

DMM英会話の総合評価

お気に入りの先生ができてくると、24時間いつでも話せる相手がオンライン上にいるというのが実は楽しみだったりします。

英会話スクールではあるのですが、ちょっとした話相手ができるような感覚で、実際仲良しの先生には仕事のグチや家族のことを聞いてもらう人も多い様です。

オンラインチャットではないのですが、英語の上達と話し相手作りが同時にできてしまうのもDMM英会話の魅力かもしれません。

オンライン英会話 ランキング

関連記事

産経英会話

産経英会話の利用の流れ|料金・レッスン内容・注意点・口コミを掲載中!

ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプの特徴は?口コミ・利用の流れ・レッスン内容・料金

ベストティーチャー

ベストティーチャーの口コミ評判・特徴・レッスン内容・注意点など

レアジョブ

レアジョブ 口コミ評判|料金やレッスン内容・注意点など