英語の聞き流しは効果があるのか?無意識で聞き流すのは意味なし!

英語を喋れるようになると便利ですよね。海外旅行にも気軽に行けるようになるし、外国人ともコミュニケーションが取れるようになります。

英語を勉強する上で「〇〇が効果的」というのは良く聞きますが、その中でも「聞き流し」はよく耳にしますよね。聞くだけなら社会人でも音を流すだけなので楽ですし、何かをしながら聞けるので便利です。

しかし実際にやっても効果がなく、全く英語力が上達しないという人も多いのです。というのも、聞き流している人は全く英語に触れていない人よりも聞く力はアップします。
ですがそれはイコール英語が得意という風にはならないのです。

そもそも英語と日本語では文法も違えば、文字も発音も違います。せっかく勉強するなら効果がある方がいいので、効率が良いやり方や早く覚える方法、喋れるようになるまでのコツを紹介していきます。

英語を聞き流すとたくさんのことが学べる

英語は聞かないよりも、たくさん聞いた方がいいです。これは英語だけじゃなく、どの外国語でも同じことがいえますね。

まず日本人が英語の勉強でつまずくのはリスニングです。アルファベットを使いますし、発音が日本語に比べて舌を使うので聞き取りにくいのです。

リスニングを上達するにはとにかく聞く量を増やすことが大事です。日本人の子供でも外国の子供でも住んでいる環境で操れる言語は変わってきますが、それはどれだけの言葉を聞いたのかと関係しているのですね。

たくさん聞いていると、意味は分からなくても聞き取れるようになってきます。

最初は聞き取れないので上手くマネをすることもできませんが、危聞き取れるようになるのでマネをすることができるようになりますよ。

リスニング力がないと話すことは絶対にできない

英語を聞き取れても結局話すことができなかったという人もいますよね。しかし聞き取れないと、英語は絶対に話せません。

逆にいうと、まずは聞き取りができるようになることが英語を覚えるコツです。

このリスニング力を鍛えるには聞き流すことがとても効果的なのです。もちろん海外に住むなどした方が上達は早いですが、社会人や小さな子供には無理があります。

となると聞き流すことが効率が良いのです。

文法や単語などを自然と覚えることができる

英語を聞き流すメリットとして、もう1つ大きなことがあります。それが、自然と文法や単語を覚えることができる点ですね。

たくさん聞き流していると、なんとなく英語の組み立てが分かるようになってきます。いつも聞いているので「なぜかは説明できないけど主語がここにあるのは変」ということに気付けるのです。

日本語を使うときに、理由なく正しい文法を使えるのと同じ感覚ですね。

そして単語も同じです。単語の意味は分からなくでも言葉として覚えるので、聞いたことがある言葉となります。全く聞いたことがない単語は日本語でも覚えにくいですよね。

とくにカタカナだと覚えにくいですが、何度もそのカタカナを聞いていると覚えますよね。そして意味を調べると、もともと馴染みのある単語なので忘れにくくなります。

それと同じ感覚で単語も圧倒的に覚えやすくなりますよ。

英語の聞き流しのコツ!効果がアップする方法

英語はただ聞き流すことにも意味があるのでしないよりはした方がいいです。ですが少し工夫するだけで飛躍的に英語力がアップします。

それが聞きながらマネをすることと、倍速で聞くことです。

単に聞いているだけだと口で発することはできません。聞きながら喋ってインプット、アウトプットを同時にすることが上達するコツです。

トイックの学習のためだけに英語を勉強しているならアウトプットはそこまで必須ではありませんが、喋るということが目的ならアウトプットは必須です。

マネをすることでより脳に記憶されますし、リスニングもスピーキングも両方一緒に学べるのでとても効率が良いです。

例え小さい子供でも聞いた音はマネするので、まだ喋れないような年齢でも意味がありますよ。では具体的な方法を紹介していきます。

聞きながらマネをする方法

最初は無茶苦茶でもいいので、聞こえたまま発音します。英語は日本語とは口や舌の使い方が違うので、そのトレーニングにもなるから気にしなくていいですよ。

家では実際に口に出してマネをし、外出先で聞くときは頭の中で繰り返すようにします。

マネをしようとすると自然としっかり聞こうとするので、発音などは全く気にしなくていいです。まずは「英語を聞き取れる耳」をつくることが先決です。

倍速で聞いて耳を鍛える方法

倍速で英語を聞くと、より早く英語耳がつくれるようになります。例えば日本語でもやけに早口の人もいますが、早いと聞き取りにくいですよね。

それが英語となると雑音にしか聞こえません。

ですが何回か英語を倍速で聞いたあとに普通の速度の英語を聞くと、とても聞き取りやすくなるのです。早い音に慣れると普通の音がゆっくり聞こえるので、驚くほど楽に聞き取れるようになりますよ。

しかも倍速なら同じ時間で倍の英語を聞くことができるので、とても効率がいいです。

英語の聞き流しで差がでる理由

英語の聞き流しをして意味があったという人と、意味がなかったという人がいますが、それには理由があります。

口に出してマネをしたかどうか、倍速で聞いていたかどうかもそうですが聞いていた時間帯や元々の英語力にもよります。

とういうのも聞き流しをするには効率がいい時間帯があります。そして元々英語力がある人は、知っている単語や文があるので上達が早いのですね。

子供の脳に比べると吸収が遅いのが大人ですから、どうしても元の英語力で差がでます。
聞き流しをするようになって「聞こえるようになってきた」と自覚するまでに3ヶ月くらいかかるのが一般的ですが、早い人なら1ヶ月ほどで成果がでます。

自分は向いていないと思うなら単に聞き流すだけじゃなくマネをする、倍速で聞くなどしていきましょう。それに加えてもっと効率がいい方法も紹介していきます。

寝る前に聞き流すと効果的

勉強してからしっかり寝ると効率がいいといいますが、それは英語も同じです。寝ることで覚えたことが脳に定着するので、寝る前に英語の聞き流しをするといいですよ。

記憶は寝ている時に頭の中で整理されると言われているので、この時間帯が一番効率がいいです。そういった理由から睡眠学習が効果的とも言われていますし、上手に取り入れていきましょう。

もちろん多く聞き流した方がリスニング力もアップしやすいですが、朝や昼間は時間がないという人も多いですよね。

大人はもちろん、子供にとって子守歌にもなるので英語の歌を流してもいいですね。

英語の言い回しを覚える

人には向き不向きがあるので、全く同じ容量で同じだけ英語を聞き流しても差がでてきます。

なかなか上達しない人は元々英語が苦手という特徴がある人がほとんどなので、全く上達しないなら他の勉強もプラスするといいですよ。

勉強といっても、単語などを勉強したり英文を書いたりするのではなく、「英語の言い回し」を覚えるようにします。

分かりやすくいうと「I want to〜」や「I have never〜」などのよくあるフレーズです。
こういった言い回しは頻繁に使われるので覚えておくとためになります。

なかなか上達しないなら他の勉強を少しだけすると飛躍的に英語力がアップしやすいですよ。

聞き流し以外で英語を上達させたいと考えている方は、下記のページを是非参考にしてください。

英語が上達させるコツ>>

オンライン英会話 ランキング

関連記事

NO IMAGE

英語が上達しないのはなぜ?英語を上達させるコツ・学習方法