産経英会話の利用の流れ|料金・レッスン内容・注意点・口コミを掲載中!

産経英会話

産経英会話は産経新聞グループのオンライン英会話スクールです。

外国人講師によるマンツーマンレッスンをパソコンを通じて手軽にオンラインで受講できることから、英会話初心者や英会話力をさらに高めたい人に人気のサービスになっています。

産経英会話に興味を持っていて受講してみたい、子どもに受講させてみたいという方のために、この記事では産経英会話の特徴やレッスン内容、料金などについて詳しく検証して評価してみました。

産経英会話の口コミ


レストランに勤務しているのですが、外国人観光客の増加もあって外国人のお客様の接客をすることが多くなったので、英会話の必要性を感じていました。ちょうど産経英会話の職業別英会話にレストラン向けがあったので受講しました。接客に活かせる実践的な内容だったので良かったです。


中学生の息子の英語の成績があまり思わしくなかったので、受講を勧めました。本人も楽しく英会話できているようで、学校の成績も徐々に良くなっているので満足しています。


TOEIC対策としてレッスンを受けています。英会話なら英語力だけでなくリスニング力もアップすることができるので満足しています。目標の点数をクリアできるように頑張っています。


体験レッスンを受けてみて自分にもできそうだと思ったので入会しました。英会話力を上げることはもちろん、自由に講師を選ぶことができるので、色々な人と英語で会話できるのが楽しいです。


大学生ですが外資系の企業に就職したいと考えているので、ビジネス英会話を受講しています。今まで英会話の経験はありませんでしたが、初級から始めて徐々にステップアップしていきたいです。

産経英会話の特徴とは?

産経英会話では無料のインターネット電話ソフトSkypeを使って、パソコンの画面越しに外国人講師によるマンツーマンの英会話レッスンが受けられます。

早朝5時から深夜1時までという幅広い時間帯にレッスンを受けることが可能なので、仕事や学校に行く前や帰宅後など、自分の状況に合わせて好きな時間に英会話することができます。

ISO29990:2010(非公式教育・訓練における学習サービス)とISO29991:2014(公式教育外の語学学習サービス)という2つの認証を日本のオンライン英会話としては初めて取得していることからも分かるように、国際基準を満たした高品質なレッスンが提供されているので、安心して受講することができます。

肝心の外国人講師も採用率5%という厳しい関門を突破した優秀な講師がそろっています。

書類選考、一次面接、トレーニング、模擬授業という4段階のチェックに合格して初めて採用されるので、英語力はもちろん英会話ならではの会話や指導の技術も高くなっています。

産経英会話と他のオンライン英会話の違いについて

産経英会話では2回の体験レッスンを無料で受講することができますが、体験レッスン用の教材が初心者向けと中・上級者向けの2種類用意されていて、自分のレベルに合わせて選ぶことができます。

他のオンライン英会話のように全員同じ内容の体験レッスンでは、英会話初心者にはハードルが高く、あまり話すことができずに体験レッスンだけで受講を断念してしまうこともありますが、産経英会話の初心者向けの教材なら、簡単なあいさつや先生への質問の仕方など基本的なことから英会話に入ることができるので、初心者でも気軽に受講できます。

また、産経英会話は初心者向けの日常英会話からビジネス英会話、高度な職業別英会話などカリキュラムが豊富なので、自分の目的やレベルにピンポイントで合わせた内容の英会話レッスンが受けられます。

25分のレッスンを1日に1回受講するだけでなく、1日2回受講することもできるので、よりたくさん英会話したい場合などでも自分のペースに合わせてレッスンを受けられます。

顔を合わせて話すのが恥ずかしいという方はWEBカメラを使わずに、音声だけで英会話することも可能です。

産経英会話はどんな人にオススメ?

産経英会話では英会話初心者のためにレッスンで使えるオンライン英会話トーク集が用意されているので、外国人講師とのマンツーマンレッスンに慣れていない方でも、基本的な準備をしてからレッスンに臨むことができます。

日常英会話コースやTOEICコースにも初心者用のカリキュラムが用意されているので、英会話に自信がない方でも英会話や英語の初歩から学んでいくことができます。

レッスンの堅苦しい雰囲気が苦手なら、テキストを使用しないで外国人と自由に話すことができるフリートークレッスンもあります。スポーツや映画など自分の好きな分野についての話なら気軽に英会話を楽しめます。

このように産経英会話は英会話力をさらに高めたいという方だけでなく、英会話に不慣れな方にも対応しているので英会話初心者に特にオススメです。

産経英会話にはどういうレッスン(機能)があるか?

産経英会話には日常英会話(初級・初中級・中級・中上級)、ビジネス英会話(初級・初中級・中級・中上級)、職業別英会話(小売店・レストラン・鉄道・タクシー・郵便局)、大学入試外部検定試験対応、学校教科書準拠、TOEIC(とってもかんたんTOEIC・Taking the TOEIC 2・TOEIC Analyst)、フリートーク、ニュースディスカッション、GCATと多彩なレッスン内容があります。

日常的なものから仕事に役立つ本格的なものまで様々な英会話ができます。それぞれレベル別のコースがあるので、自分のレベルに合わせて選んだり、1つのコースを終了してから上のレベルにステップアップするなどの使い方もできます。

大学入試外部検定試験対応やTOEIC、GCATなど特定の試験の対策ができるレッスンもあります。学校教科書準拠は中学生の学年ごとに対応しているので、中学生の学校での英語の勉強をサポートすることもできます。

自分の英語力の腕試しをしたい場合には、英検が基礎開発した英語テストであるCASEC(キャセック)に挑戦することも可能です。

オンラインで24時間いつでもテストを受けることができ、テスト時間も約40分なので気軽に英語力を試せます。レッスン受講する前に自分のレベルを知るために受けても良いですし、レッスン受講後に習熟度を確認するために利用することもできます。

産経英会話の料金システムについて

産経英会話の料金システムは月ごとの定額制になっています。月額の会費に教材費が含まれていて、入会金もかからないので安心です。

料金プランは3種類あり、1日25分のレッスンを毎日受講する毎日25分プランが5,980円(税込)、1日25分のレッスンを毎日2回ずつ受講する毎日50分プランが9,800円(税込)、金・土・日に1日25分のレッスンを2回ずつ受講する週末毎日50分プランが5,980円(税込)となっています。

毎日25分プランなら1レッスン(25分)当たり193円、毎日50分プランなら1レッスン(25分)当たり158円、週末毎日50分プランなら1レッスン(25分)当たり213円とたいへんリーズナブルに利用できます。

レッスンを追加できるチケットプランもあり、1回追加できるプラス1チケットが700円(税込)、15回追加できるプラス15チケットが4,300円(税込)、30回追加できるプラス30チケットが7,900円(税込)、45回追加できるプラス45チケットが10,800円(税込)となっています。もっとたくさんレッスンを受けたいという方にオススメです。

産経英会話を利用する際の注意点について

決まったレッスン時間に遅れたとしても、残りの時間分のレッスンを受けることはできますが、レッスン時間を延長することはできないので注意が必要です。

時間に余裕をもってパソコンの前で待機しておくようにしましょう。レッスン開始60分前までならキャンセルが可能なので、どうしてもスケジュールが合わなくなった時は早めにキャンセルすれば問題ありません。

無断でキャンセルしてしまうとそのレッスンは消化扱いになります。

途中で退会する場合は銀行振込の場合なら1ヵ月単位で未消化分を払い戻してもらえますが、クレジットカード払いの場合は支払った分の料金は払い戻されないので、先のスケジュールが不透明な時は銀行振込で料金を支払っておいた方が良いです。

産経英会話の総合評価

産経英会話はレッスン内容が高品質な上に豊富なので、自分にぴったりのコースを見つけて英会話力を向上させることができます。初心者向けのコースも豊富なので、英語に苦手意識のある方でも気軽に受講できる点も高評価です。

子供にも安心して受講させられます。

料金も月ごとの定額制なので、あまり負担に感じることなく利用できます。レッスンを受ける時間帯を幅広く選べる上に、レッスンの回数も自分のペースに合わせて選べるので自由なカスタマイズが可能です。

オンライン英会話 ランキング

関連記事

レアジョブ

レアジョブ 口コミ評判|料金やレッスン内容・注意点など

ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプの特徴は?口コミ・利用の流れ・レッスン内容・料金

ベストティーチャー

ベストティーチャーの口コミ評判・特徴・レッスン内容・注意点など

DMM英会話

DMM英会話の口コミ評判|レッスン内容・利用の流れ・注意点など