日本人は「L」と「R」の発音が苦手!マスターする方法

日本人はLとRの発音が苦手な人達が沢山います。その原因は、LとRの発音が苦手という以前の問題なんです。

そもそも多くの日本人は、全ての英語の発音自体が苦手だからなんです。その原因を解決しない事にはLとRの発音も良くはなりません。

発音を良くする為にはどうすれば良いのか、どのような方法でどのような事を学んでいけば良いのかと、悩んでいる方は沢山いらっしゃると思います。

海外に行ってネイティブと会話を楽しみたいという方や、外国人の方に道を聞かれた時にスマートに教えてあげたい方、小さいお子さんにネイティブな英語を身につけさせたいママさんまで、全ての人がネイティブな発音を手に入れる事が出来るプロセスを今から学んでいきましょう。

日本人は英語の発音が下手?

日本人は英語の発音が本当に下手とよく言われます。

英語を読む、書く、に関しては日本人は覚えが良く早いと思いますが、聞き取る事と、特に喋る事に関しては世界的に見てかなりレベルが低いと言えるでしょう。

何故日本人はそんなに英語の発音が悪いのか、先ずポイントとして、自信の無さが大きな原因の1つと言えるでしょう。

英語の勉強は得意で、学校でいつも満点を取っているという人は溢れる程います。でもその人達は外国人を目の前にすると、急に何も喋れなくなってしまう事がよくあります。

厳密に言うと、喋れなくなったのではなく自信がないから喋りたくないのです。

もし通じなかったらどうしよう、間違った英語を喋って相手に笑われたり相手を怒らせてしまったらどうしよう等と、ネガティブな事を考えてしまい実際に会話する事を避けてしまうのです。

これが日本人が英語を喋れない、英語の発音が下手、という大きな原因の1つと言えるでしょう。実際にネイティブと喋らない事には上達はしません。

他国の人は英語が下手でもガンガン喋りますし、発音が下手で通じていなくても全く気にしません。そうやって実践する事で身についていくものなんです。

最初から流暢に喋れる人なんていません、先ずは自信を持って英語と向き合うと良いでしょう。それから日本人が発音下手な大きな原因として、日本という国に大きな責任があるんです。

日本人が発音下手なのは日本という国に責任がある!

日本人が英語の発音が下手な原因の1つとして、日本の国自体に大きな責任があります。

その代表的なものとして、カタカナ英語や和製英語があります。

このカタカナ英語や和製英語を幼少期から吸収してしまっている為に、正しい発音が出来ない大きな原因になっているのです。日本では、テレビや雑誌などのメディアや、街中の看板など、至る所にカタカナ英語や和製英語が溢れてしまっています。

日本はこの環境を変えなかった為に、日本で生まれ育った日本人は正しい英語を吸収出来なかったんです。現在はインターネットの普及もあり、正しい英語を吸収出来る環境が増えていっています。

先ずは正しい英語の捉え方と間違った英語の捉え方を、自分自身でしっかり判別し、正しい英語を吸収するようにしていきましょう。

ネイティブを意識することが大きなポイント

上記でも話しましたが、正しい英語を判別し吸収していく事が正しい発音を手にする為に大切な事です。例えば身近な所で英語と触れ合う事がある環境をイメージしてみて下さい。

生活する中で、様々な所から英語を吸収する事が出来ますよね。でも吸収するかしないかは、意識しているかしていないかによって大きく変わってきます。

日頃から英語を吸収するぞと意識している人は、生活する中で出会った英語を即座に認知します、そして正しい英語なのかの判別を行います。

でも意識していない人は、生活する中で出会った英語をスルーしてしまいます、勿論それでは正しい英語なのかの判別も行えませし、英語を吸収する事が出来ません。

意識すると言う事は非常に大事なポイントになってきます。日頃から意識する、意識する事で認知する、正しい英語なのかの判別をし吸収していく。

この流れを作る事によって、特別に設けた英語学習の時間以外でも、英語と寄り添う事ができ、正しい英語を吸収していく事に繋がります。

それから次にポイントになってくるのが、ネイティブになりきるという事です。

ネイティブになりきる事で日本人が苦手としている、LとRの正しい発音も手にする事ができます。

ネイティブになりきってネイティブな発音を意識!LとRの口の動き

さぁ新しいステップです。次は頭の中からどっぷりとネイティブになりきりましょう。

ネイティブになりきるという意味は簡単に言うと、ネイティブの脳、ネイティブの口に(正しい発音を喋る時の口の使い方)、変化させると言う事です。

日本人だからそんなの無理と思う方も多いと思いますが、そんなに難しく考えなくても大丈夫です。

上記でも説明した通り、意識し、認知し、正しい英語を判別し、吸収する。

これを日頃から実践していると自然と脳と口はネイティブに変化していきます。正しい英語を判別するというプロセスの中で、自然とネイティブ化していきます。

正しい英語を判別すると言う事は、必ず正しい英語に触れ合う事になります。正しい英語に触れ合わないと、正しい英語を判別する事は出来ないからです。

分かりやすく言うと、例えば生活する中で出会った英語があります、その英語の正しい発音を聴き、自分で発音する。

スマホがあれば数秒で聴く事が出来ます。この地道な作業を日頃から意識して行う事で、自然とネイティブ化していきます。英語教材の音声を聴きながら、自ら発音してもらえば、上達はかなり良くなるでしょう。

聴いて自ら発音する事が凄く大切なんです、その時に、気持ちもネイティブになりきって発音する事がもっと大切なんです。

気持ちもネイティブになりきる事によって、ネイティブの口の使い方が出来るようになっていきます。

ネイティブの口の使い方は、口で説明して理解し吸収する事は難しいです。何度も練習し感覚を掴んでいく事でネイティブの口に変化していきます。

ネイティブになりきらずに日本人のままの自分で発音すると、カタカナ英語の下手な発音になりますが、自分はネイティブなんだとネイティブになりきるだけで、口の使い方と発音は驚くほど変化します。

意識する事が本当に大切なんです。

英語を吸収したいという意識があれば生活する中にある英語を認知出来るし、正しい英語を吸収しようとする意識があればネイティブになりきると言う所まで自然と導かれるでしょう。

ネイティブになりきる為にオススメするのは、海外ドラマや映画を観ながら、役者さんと一緒になって発音するのが凄く良いです。

役者さんの感情や表情が映像でダイレクトに伝わってくるので、自分も役者さんになりきって発音すると、よりネイティブ化に繋がります。

海外ドラマや映画を観る時の注意点としては、日本語字幕ではなく英語字幕で観る事をオススメします。何故かと言うと、日本語字幕は正しい翻訳になっていない事が多いからです。

英文では短い文なのに日本語に翻訳すると長文になってしまう場合などは、似たようなニュアンスの短い日本語字幕をつけたり、日本人に伝わらない英文などは、日本人に伝わるように全く違う翻訳がされている事も多いです。

あとは、翻訳者によって翻訳の仕方は大きく変わってくるので、日本語字幕は鵜呑みにしない事です。間違った意味として吸収する事に繋がります。

オススメは英語字幕で観て、ネイティブになりきって発音する、同時に字幕で英文を読む力が身につく。とは言っても、英語字幕はなかなか上級者向けなので、日本語字幕で観たいと言う方は、字幕は鵜呑みにしないと言う事に注意して観て下さい。

因みに私は、映画を観ながら気になった単語や文法を数個メモるようにしていました。映画を見終わった後に調べれば、更に吸収する事が出来ますからね。

この作業も意識しているからこそ出来た作業です。

LとRの発音をマスターしよう!

日本人の難関、LとRの発音をマスターしましょう!

先ず初歩的な事から言いますと、カタカナのラ・リ・ル・レ・ロ、の発音ではありません。Lに関しては、カタカナのラ・リ・ル・レ・ロに非常に近い発音になりますが、細かく言うと発音する時の舌の位置が微妙に異なります。

LもRも、日本語には無い音なので、カタカナに変換するのではなく、しっかり英語として捉えて練習していきましょう。先ずは比較的簡単なLから学んでいきましょう。

Lの発音は、舌の先を前歯の上の付け根に置くだけで、正しく発音出来ます。カタカナのラ・リ・ル・レ・ロとは、舌が当たる位置が違います。この正しい舌の位置が正しい発音へと導きます。

この舌の感覚、口の使い方を吸収しましょう。あとはひたすら練習する事です。勿論ネイティブになりきって練習して下さいね!

次はRの発音を学んでいきましょう。

日本人の多くはRの発音を、ラ・リ・ル・レ・ロの発音と思っている人が多く、それが上手く発音出来ない原因になってしまっているんです。Rの発音と、ラ・リ・ル・レ・ロの発音は、大きくかけ離れています。

全く別物と思って下さい。舌の動きの前に、先ずは口の使い方から説明します。唇を丸めて突き出し、唇を引きながら、小さい「ゥ」をつけてから発音する。

舌の動きとしては、Rの発音は巻き舌ではありません。舌の先がどこにも当たらず、奥に引っ込める感じです。舌の両端は口の奥に当たっています。この舌の使い方を先ずは練習しましょう。

なれない舌の使い方なので、最初は難しいかもしれませんが、これも練習すれば必ず出来ます。

日本人の舌の使い方、口の動かし方は、消し去って、ネイティブになりきってネイティブ化させる事を意識すれば、直ぐに上達するでしょう。

流れとしては、唇を丸めて突き出し、唇を引きながら、小さい「ゥ」をつけてから発音する、発音する時は、舌の先がどこにも当たらず、奥に引っ込める感じで、舌の両端は口の奥に当たる感じです。

LとRのオススメ練習方法としては、Light、Lead、のようにLを使用した様々な単語を使い練習すると良いでしょう。

分かりやすく説明すると、Lightはラから始まる、Leadはリから始まる、このようにカタカナで説明するとラ・リ・ル・レ・ロ全ての発音を練習していくと上達します。

Rも同じように、練習していきましょう。分かりやすく伝える為に、カタカナを使い説明しましたが、英語発音の時はカタカナを頭の中から消し去って下さいね。

一通り練習し上達したら、ReallyのようなLとRが入る単語を練習しましょう。LとRが1つの単語に入る事によって、少し難しくなりますが、ここが上達すると、舌の使い方と口の使い方がかなりネイティブ化された証拠です。

あとは練習途中に、正しい発音が出来ているかの確認も大切です。確認する事で、改善点が見えてくるからです。確認する方法としては、ネイティブ相手に実践出来ないのなら、翻訳機で確認してもOKです。

ネイティブ相手に実践できる環境があるなら、必ずネイティブ相手に実践して下さいね。自身をつける為にも、ネイティブになりきる為にも、1番良い環境はネイティブとの会話ですからね。

それと、Rは上達するまでは、取り敢えず「ゥ」を意識すれば相手に伝わりやすいコツです。ネイティブになりきってLとRをマスターしましょう!

幼少期の英語教育は効果的

これから小さいお子さんに、英語を学ばせたいというママさん達も沢山いらっしゃると思うのですが、大正解です。幼少期から英語を吸収する事は非常に良いです。

幼少期なら、頭も柔らかく、固定観念にも縛られていません。

カタカナ英語や和製英語に触れる前に、正しい英語を吸収させる事は、英語を学ばせる方法として、最も効率的と言えるでしょう。幼少期のお子さんは、本当に素直に吸収する事が出来ますからね。

幼少期から英語を学ぶ事が良いのは、その他にもメリットがあるからです。幼少期から英語に触れる事で、英語特有の言い回しや表現方法の意味を理解する事が出来ますし、日本という枠に囚われない視野の広い価値観を持つ事が出来ます。

1番のメリットは、将来の選択肢が広がると言う事です。英語を喋れる人生と、喋れない人生とでは、全く変わってきます。

世界基準でいうと英語は喋れて当たり前の言語なんです。英語を喋れる人は、喋れない人より、様々な人達と会話する事ができ、多くの価値観を学ぶ事が出来ます。

そこで吸収する、考え方や捉え方は、生き方そのものに結び付きます。

視野の広い価値観を持った人間になり、自分の本当にしたい事して、生きて行く事が、その子自身の幸せであり、ママさん達の幸せでもあります。幼少期から英語に触れ合う事は、このように様々なメリットがあるのです。

幼少期からの英語教育

幼少期から英語を吸収させる為にポイントになるのが、楽しい事です!

楽しければお子さんは素直に吸収しますし、楽しくなければお子さんにとってストレスですし、勿論吸収出来ないでしょう。お子さんが楽しいと思える環境作りが大切です。

例えば、お子さんが日常の中で何げなく使って遊んでいるものを、英語のものにしてみましょう。また、歌はお子さんにとって非常に楽しいと思えるものです。歌は英語を吸収するうえではとても効率が良いです。

メロディーと一緒に覚えられるのでスピードが格段に上がります。歌う事で、インプットした英語を楽しくアウトプットする事が出来ます。

ママさんも一緒に楽しく歌ってあげる事で、お子さんもより楽しく吸収していく事が出来ます。もう1つポイントになってくるのが、ママさんも英語を学ぶと言う事です。

ママさんが楽しく英語を吸収している所を、お子さんが見れば、楽しい事なんだと必ず興味を持ちます。お子さんにとって、ママさんの存在が、この世で1番大好きな存在だからです。

1番大好きな人が、楽しんでやっている事は、お子さんにとっても、楽しい事なんです。勿論インターナショナルスクールや、高額な英語教材は、英語を吸収する為には力強いです。

でも1番力強い英語教材は、ママさんが一緒になって楽しむ事が、お子さんにとって1番の英語教材になります。

オンライン英会話 ランキング

関連記事

NO IMAGE

「the」、「a」などの冠詞の使い分け方は?